水辺にて - 都市復興

かつて荒廃していた南ボストンの一部は、革新のあふれる場所になっている

「70年代に子供だった頃、これは嫌なにおいがしていた。ボストン保全センターのジム・ルーニーは、その巨大なセンターがたつ南ボストンの水辺について話す。腐った卵の匂いがし、ものがそこら中に浮き、中が見えなかった。いやな水だった。」さらに、1,000エイクスまたは400ヘクタールのその地域は、高架の高速道路によって、町の他の部分から切り離されていた。そこには、貧弱な公共交通しかなく、道路はほとんどなかった。かつてそこは、(近くに住んでいた)「南部人」が港湾労働者として働いていた、鉄道ヤードとドックを自慢していた。しかし、海辺の仕事の多くは遠い昔に無くなった。軌道は、アスファルトの海に覆われた。倉庫は空になり、その場所は巨大な駐車場になった。

潜在力を見たものもいた。水辺の開拓者ジョン・ドリューは、そこにボストンの港湾世界貿易センターと、その脇に派手なホテルの一群を建設した。金融地区からたった徒歩10分だったけれども、「それはまるでペルーにいるようだった。」とドリュー氏は思い出す。しかし、15年の(とりわけ州道93号線を巨額の支出で町の中心部の下を通るトンネルに変えた)「大掘削」により、ボストンはその水辺と再接続した。その港はもはや汚染されていない。1985年に35億ドルの浄化が始まったのだ。空港につながるシルヴァーラインはその方向に伸び、主要道路は今、水辺を都心と郊外の両方につなげる。連邦裁判所が1999年に金融地区からそこに引っ越してきた。法律事務所が続いた。西側の煉瓦の倉庫群はアーティストの居留地になった。2010年に、技術新興企業が近くのケンブリッジから高くて締め出されたとき、ボストン市長のトム・メニノは水辺を革新地区と名付け、運が良ければ「次のグーグルやマイクロソフト」がそこで生まれることを望んだ。製薬会社のヴァーテックスもまたケンブリッジから請われて離れ、バッテリー・ヴェンチャーズのようなヴェンチャーキャピタル会社は南ボストンの喜びのために128号線を放棄している。

メニノ氏は最近、新興企業が新製品や協力関係を始めうるその町の海岸地区の革新センターを回った。マサチューセッツ州知事のデヴァル・パトリックもまた計画に関わり、多くの空間がある革新センターが、技術新興企業が成長するのに理想的だと考えている。彼はもちろんそういうだろうが、明らかに間違っているわけでもない。

他の新興企業を助ける非営利新興事業のマスチャレンジは、メニノ氏に個人的に招かれた。彼は、港の見晴らしが素晴らしい、素敵な新しい建物に無料の空間を見つけることで、彼らを助けた。その創業者たちはとてつもない変化を経験している。新しい建物やレストランがどこにでもあり、更に多くが準備中だ。「我々は、一群の人たちが金融地区から酔っぱらうために歩き出てくるのを見る。3年前、それは存在しなかった。共同創業者のアキル・二ガムは注記する。

メニノ氏は、1/3の新規建設が居住用で、この12%が、共有キッチンと共同空間を持った小さなユニットである「革新住宅」だと主張する。開発業者のスカンスカは、その新しい建物の一つにこれらのユニットを2フロア持とうと考えている。革新地区の別の1/3は事務所だ。残りはホテルと店舗だ。建設支出は、去年37%増えた。2030年までに6万人の人々がそこで雇用され、1.5万人の新規住民がそこに住むだろう、と推進者は語る。

南ボストンの水辺は、再びその場所の重要な部分になっている。「これはどれも、長期的計画がなければ可能ではなかった。」市長の再開発局を率いるカイロス・シェンはしゃべりたてる。高官は出たり入ったりする。メニノ氏は今年の終わりに、パトリック氏は来年に事務所を去る。しかし、多くのボストン人は革新地区が成長し続けることを予言する。
 

発行日: 
2013-06-01
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加