デジタルの金を採掘する - 仮想通貨

たとえ崩壊しても、ビットコインは金融の世界に影響を与えるかもしれない

1999年に、ショーン・ファニングという18歳が音楽産業を永遠に変えた。彼は、レコード会社から高価なCDを買う代わりに個人が音楽ファイルを交換することができるようにするナップスターというサーヴィスを開発した。訴訟が続き、2001年にナップスターは閉鎖された。しかし、その考えは、ビットトレントやほかのP2Pサーヴィスの形で生き残っている。ナップスターブランドは、依然として合法的な音楽ダウンロードサーヴィスで使われている。ナップスターの物語は、似たような技術に基づいたデジタル通貨のビットコインについての興奮を説明する役に立つ。1月に、ビットコインの単価は15ドル程度だった(ビットコインは少額取引のために小数点以下8桁まで分けることができる)。本誌が4月11日に印刷に回された時、それは179ドルに決まり、流通しているすべてのビットコインの価値を20億ドルにしている。ビットコインは、、ソーシャルメディア、最新のものを探す自由な資本、そして多分キプロスの最新の事件によって狼狽した銀行預金者にさえもよって加熱されたバブルである世界でもっとも熱い投資の一つになっている。

ナップスターのように、ビットコインは崩壊するかもしれないが、持続する遺産を残すかもしれない。実は、その通貨は4月10日に、ある時点で鋭く回復する前に半分近くまで価値を落とすという、鋭い補正を経験した。しかし、価格はビットコインについて最も興味深くないことだ、と商人のためのビットコイン支払いを行う会社のビットペイの創業者のトニー・ガリッピは語る。より重要なことは、今よりも電子取引を簡単にするその通貨の能力だ。

ビットコインだけがデジタル通貨ではなく、それだけが成功しているわけでもない。仮想世界セカンドライフの参加者は、リンデンダラーで支払い、中国のインターネット大手テンセントの顧客はQQコインズで取引し、フェイスブックは「クレジッツ」を売る。ビットコインを異なったものにしているのは、他のオンライン(とオフライン)の通貨と違って、それは中央銀行のような単一の当局によって作り出されたり管理されたりしていないのだ。

代わりに「金融政策」は賢いアルゴリズムによって決定される。新しいビットコインは、利用者が自分のコンピューターに複雑な数学的問題を解決するよう競争させる(勝者はその仮想通貨を得る)ことによってそれらを獲得することができることを意味する、「採掘」されなければならない。その通貨自身は、単純な数字の羅列だ。それらはそれ故に完全に分権的な通貨で、デジタルの金の一種だ。

ビットコインの発明者中本哲史は、2009年にそれを作り出し、2010年のどこかの時期にインターネットから消えた、謎のハッカー(またはハッカー集団)だ。その通貨を初期に採用した人々は、政府支配から自由になることを決心した技術を愛するリバタリアンと金本位制主義者の傾向があった。ビットコインが使われるもっとも恥ずべき場所は、トーアと呼ばれるウェブの匿名部分に隠れた市場のシルクロードだ。利用者は、典型的には違法薬物といった、モノを注文し、ビットコインで支払う。

合法事業の中には、ビットコインを受け入れ始めているものもある。その中には、ソーシャルメディアサイトのレディットや、ブロガーのためにウェブホスティングやソフトを提供するワードプレスがある。商人への魅力は強い。ビットペイのような会社は、ドルに換えるスポット価格を提供する。料金は、特に海外からの注文では、クレジットカード会社や銀行によって課されるものよりも、一般的にははるかに低い。そしてビットコイン取引は逆戻りさせられず、だから詐欺は小売業者に損をさせない。

しかし、ビットコインが主流になるためには、多くが起こらなければならない、と、カリフォルニアのビットコイン交換所で利用者がそのデジタル資産をためることのできる「財布サーヴィス」を提供するコインベースの開発者フレッド・アーサムは語る。

ビットコインを始めて手に入れることは難しい。それらを使うことは面倒だ。それらはハッカーによって盗まれたり、ドル紙幣を洗濯機に入れるように単になくしてしまいうる。いくつかのビットコインの交換所が泥棒に苦しめられ、過去2年間にわたって崩壊した。
 

リップル効果

結果として、ビットコイン事業は合併している。主導的な交換所はMt.Goxだ。東京にあり二人のフランス人によって営業されているそれは、ビットコイン‐ドル取引の約80%を行っている。もしそのような事業が失敗すれば、その通貨は膝で切り取られるだろう。実際、4月10日の価格しゃっくりは、多くのビットコイン利用者をパニックに陥れたMt.Goxのソフト障害によって惹き起こされた。その通貨の法的地位もはっきりしない。3月18日にアメリカ政府機関の金融犯罪取締ネットワークが、ビットコイン交換所を規制することを提案した。これは、その機関がそれらを閉鎖しそうもないことを示唆する。

技術的問題もまた克服されなければならない、とビットコインの専門家マイク・ハーンは語る。より多くの利用者がそのネットワークに参加するにつれ、(それぞれのビットコインの所有を確認するために)その周りを回らなければならないデータの量は大きくなり、それはシステムを遅くする。技術的補修は役に立つかもしれないが、それらは展開するのが難しい。すべての利用者がそのビットコインの財布と採掘ソフトを更新しなければならないのだ。ハーン氏は、その通貨が自身の利益のためにはあまりに早く成長しうる、と心配する。

しかし、真の脅威は競争だ。ビットコインの推進者は、法定不換紙幣とは違って、新しいビットコインは気まぐれに作り出されることができないと指摘するのを好む。それは本当だが、新しいデジタル通貨もそうなりうる。代替物はすでに開発されている。ビットコインのクローンのライトコインが一つだ。今のところ、それは小さな中核派オタクによってのみつかわれているが、それもまた最新の価格で跳ね上がっている。ライトコインがMt.Goxですぐに取引可能になるという噂がある。

それほどオタクっぽくはない代替物は、リップルだ。それを使うことは、ビットコインよりも簡単になりうる、とシリコンヴァレーの一続きの起業家で、リップルの裏にある新興企業のオープンコインの共同創業者でもあるクリス・ラーセンは語る。取引は、ビットコインの確認に10分かかるのに比べて、数秒で承認(または却下)される。リップルの起源については何の謎もなく、(まだ)犯罪やほかの疑わしい活動と何の関連もない。

オープンコインは、5月にリップルを公けにし始めることを期待されている。それは、1.000億単位を作り出し、それ以上増やさないと約束している。その新しい通貨に推進力を与えるために、オープンコインは最後にはその供給の75%を与えることを計画している。オープンコイン口座を開いたものは誰でも5リップルを得ることができる。既存のビットコイン利用者はさらに多くを得ることができる。

オープンコインによって保持された25%は、リップルが強いということを確認する強い動機づけを与えるだろう。その価値が高ければ、その会社を換金する時にオープンコインの投資家により大きな報酬を与える。4月10日に、超最先端のアンダーセン・ホロウィッツを含んだいくつかの優良株事業投資会社が、オープンコインに投資していることを発表した。

もしリップルが軌道に乗れば、さらに大きな金融機関がその争いに参入するかもしれない。ヴィザのような会社は自身の安い簡易国際支払制度を作りうる、とビットペイのガリッピ氏は注記する。そして、もし国がアルゴリズムに基づいた通貨を発行したらどうなるだろう?

その時点で、おそらくビットコインは破裂するだろう。しかしもしそれが起こっても、その創造者たちはファニング氏のような何かを成し遂げるだろう。ナップスターとほかのファイルシェアリングサーヴィスは、音楽産業にiTunesやスポッティファイといったオンラインサーヴィスを抱き留めるよう強いた。ビットコインの価格は崩壊するかもしれない。その利用者は突然ほかの通貨に変えるかもしれない。しかし、デジタル通貨形式のものの中には、金融の風景に持続的な印象を与えるものがある可能性がある。
 

雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加