もしミット・ロムニーが勝っていたら?

起こらなかった勝利からの教訓

「私を非難するな、私はロムニーに投票したんだ。」共和党の間で人気のあるTシャツは示す。別の冗談は、保守的なブログ界隈で人気のあるもので、「彼らは、もし私がロムニーに投票したら…っていったんだ。」で始まり、それからその州に起こった恐ろしいことを付け加えるのだ。例えば、「彼らは、もしロムニーに投票したら、デトロイトは破産するだろうよ、って言ったんだ。そして彼らは正しかった!」このすべては、ほとんど下院でバラク・オバマを邪魔するくらい面白い。

しかし、もしミット・ロムニーが2012年に勝っていたらどうだろう?アメリカは彼のホワイトハウスでの1期目をいまほぼ200日過ごしていただろう。いかに物事が違って見えたかもしれないかを考えることは価値がある。

ロムニー氏は、彼自身の党からも「マサチューセッツの穏健派」として信頼されなかった、慎重で音痴な金持ちの男としてみんなの記憶に残っている。選挙運動中に、民主党は彼を、1980年代の悪臭を放つ供給側の考えと結婚した事情に疎いCEOとして叩いた。彼らは、彼を利益を極大化するためにその祖母の首を切るだろう自由気ままな地球的資本家として描き、プライヴェートエクイティ会社のベイン・キャピタルでの彼の経歴を嘲笑った。戦術として、それは荒っぽく、しばしば不公平で、そしてむしろ成功した。

しかし、側近とのインタヴューは、最近公開された内部文書とともに、その元マサチューセッツ州知事がより面白く、原理的ですらあったことを明らかにしている。彼の執務室での最初の200日に、彼はアメリカの税と支出、その病人と貧困者への配慮、事業の規制の方法への「素早い変化の継続的な流れ」を計画していた。側近は、新たに入った政権が良くするように、彼はフランクリン・ルーズベルトがその間に15の大きな法案に署名した執務室での最初の数か月の熱狂的な活動と比較した。

元ユタ州知事でロムニー氏の移行チームを率いたマイケル・レヴィットは、いくつかの大きな分野での真剣さを示すことによって「ひと飲みの信頼」を届ける計画を描く。彼はアメリカのスパゲッティがあふれるようなアメリカの税制度を単純化しただろう。彼は赤字と取り組み、国内エネルギー生産を拡大し、「オバマケア」改革をえぐることによって医療における政府の役割を減らしただろう。成功は、社長たちがオバマ氏が大統領だった時に退蔵した現金を吐きだし、ロムニー率いるアメリカの復活に参加するのに急ぐことによって測られただろう。

ロムニーの側近はその比較にたじろぐが、彼らの200日計画は、ベインがアメリカの経済を定期補修するように聞こえる。投資家に印象を与えることを狙った調整された一連の衝撃だが、多くの普通の国民をびっくりさせ怒らせそうだ。民主党はそれを社長と大金持ちへのほしいモノリストだとして軽蔑しただろう。しかし、ロムニー氏は彼の改革がうまく行き、そして速くうまく行くだろうと信じた。民間投資と職の創出の形で、利益が素早く後に続くだろう。愛するまでには至らなくても、ロムニー大統領の能力を信じるよう、より広い大衆を説得するのだ。

チーム・ロムニーの200日計画は、(防衛にはより費やすが)安全保障と社会的支出を除外した公的支出を直ちに5%削減すること、共和党が労働組合に特権を賦与しているというルールを弱めること、公的部門の職と支払いの圧縮、そして自由貿易の地球規模での推進を含む。ロムニー氏は、抜け穴をふさぐことと相殺で、所得税と法人税を下げることを提案しただろう。保守派の夢である環境保護機関の廃止はカードではなかった。しかし「人事は政策だ」と、ロムニー氏の主任経済顧問グレン・ハバードは注記する。エネルギーを規制し気候変動に取り組むために選ばれた人々は、ひっきりなしに利益よりも費用に重みを置いただろう。福祉と健康支出の長期的な圧縮は優先事項だった。全体的な移民改革はそうではなかった。

側近は、世界での「筋骨たくましい」アメリカの回復の話をするが、事実は、彼らの外交政策計画は、ほとんどがレトリックと政策見直し要求を咳払いすることでなっていた。アフガニスタンを軍事的に再び盛り上げることやイランでの劇的な変化は予定されていなかった。中国を為替操作国だと名指しする馬鹿げた計画は、馬鹿にされ、それは多分「埋められた」ことを意味する。

事業はロムニーの回復に投資するよう急いだだろうか?それは扱いにくい。その通り、多くの社長がオバマ氏を信じていない。しかし、企業は、多くの異なった国々で、今まで何年もカネを退蔵している。政治的指導力と投資との間のつながりは、まっすぐではない。
 

ロムニー大統領、リード上院議員に会え

ロムニーショックは執行行動と新たな法の奔流を伴うはずだった。民主党は協力していただろうか?彼らは議会とホワイトハウスの両方で勝つことを望んだけれども、ロムニーの側近は、上院ではなく大統領と下院をより支配しそうだと考えた。チーム・ロムニーは、保守的な州の上院議員の中には、自由貿易、フラッキング、いくらかの減税、そして医療費用の圧迫をものもいる支持するだろうと推測して、民主党の仲間を集めることに自信を持っていた。それは妥当だが、(オバマケアを骨抜きにする社会的計画の削減のような)ほかの計画は、苦い戦いを引き起こしただろう。上院民主党重鎮のハリー・リードはすぐに影響を受ける人ではない。

ロムニーの勝利は、アメリカを中道右派の国として示しただろう、とロムニー氏の主任政策顧問ランヒー・チェン(陳仁儀)は言う。十分な民主党員がメッセージを受け取り、彼に協力しただろう。保守的なアメリカで、その信念は、共和党の喧嘩っ早い人々を統合する。保守派は、再選がオバマ氏に多くの権限を与えたことを受け入れない。彼らは彼をいくらかのアメリカのもっとも情報の少ない有権者に彼を支持するよう買収し話した行商人だとみている。(より丁寧には、ロムニー氏の側近はオバマ氏を運動家として「とても才能がある」と呼ぶ。)彼にとっての最後の選挙で、オバマ氏はいま共和党を、主流派から遠く離れた考えをばらまくペラペラしゃべる行商人だとみる。それが、彼らが彼を恐れずに無視し、議会での行き詰まりを名誉のバッジとして受け入れる理由だ。

ロムニー氏の計画は、つまり、歴史的好奇心が何もないのだ。それらは、現在の共和党の自身と原理主義を反映している。彼は負けたけれども、アメリカのCEO候補者は遺産を残した。

 

Lexington欄より
 

発行日: 
2013-07-27
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加