失われた時を求めて - 真実はなんだ?

人工的に作りだされた記憶は、本物と同じくらい強くなりうる

虚偽記憶症候群は、法制度の破滅だ。正しくない目撃報告から子ども時代の虐待の置き換えた記憶まで、それは司法の多くの誤りの結果になる。そして、どんな疑いもなければ、それ自身幻想でも何でもない。シアトルのワシントン大学のこの分野の開拓者エリザベス・ロフタスは、2万を超える人々に200以上の実験を行っている。これらは、(本物とほかのものからの示唆の組み合わせからなる)間違った記憶は、誰かの脳にかなり計画的にそして驚くほど簡単に移植できることを示す。その結果は、記憶者にとって本物と同じくらい正統的に感じる。

まだ知られていないことは、この過程が神経学的にいかに機能するかだ。しかし、マサチューセッツ工科大学の二人の神経科学者スティーヴ・ラミレスと劉胡(Xu Liu)は、それを理解しようとするために巧妙な遺伝子的技を使っている。今週のサイエンス誌に掲載された研究の中で、彼らは細胞レヴェルでマウスの記憶を操作するために、特別に作られたDNAのかけらを使った。

マウスと人間の両方で、記憶形成にかかわる脳の部分は、海馬だ。しかしながら、これらは何百万もの神経細胞を持ち、どの一定の記憶の形成も、関わらないのはわずかだ。偽の記憶形成を研究するために、ラミレス氏と劉博士は、それ故に、彼らが故意に作りだした特定の記憶を貯めることに関わる細胞だけを孤立させ操作しなければならなかった。

彼らは、できるだけ多くの海馬細胞に巧妙な遺伝子スイッチを備えることによって、これをした。しっかり働くように、このスイッチは、最初に、神経細胞が学んでいる間に経験する(活動電位と呼ばれる)過程によって教え込まれなければならない。それは、何かを学んだ細胞の中でのみ操作することができることを意味する。それ故に、ラミレス氏と劉博士は彼らの実験を適切な細胞に限った。

ひとたび教え込まれると、そのスイッチは光を当てることによって活性化できる。この活性化は活動電位を似せて機能する。その細胞に、すでに学んだことに加えて、その時その動物に起こっていることは何でも学ばせるようだまし、そうしてその動物の心の中でその2つのことを結びつけるのだ。その研究者たちは、それ故に、彼らがどの事件を一つの間違った記憶に合成しようとするだろうかを選ぶことができた。

ウイルスを使ってそのスイッチをその動物の海馬に持ち込んで、ラミレス氏と劉博士はその実験を正しく行う準備ができた。1日目、彼らはそれらのマウスを1度に1匹だけかごに入れた。その動物がこの安全な環境を探検したにつれて、彼らは見たものの記憶を形成し、関連した神経細胞のスイッチは学んだ。

2日目、その研究者たちは、そのネズミたちを内装が違って見える別のかごに入れた。ここで、彼らはその動物の脳に光を当て、学んだスイッチを活性化した。同時に、彼らはそれぞれの動物の足に電気で衝撃を与えた。

ラミレス氏と劉博士は、以前の実験から、そのような衝撃がとても精神的外傷を与えるので、マウスはふつうそれらが以前衝撃を受けたかごに入れられるとふつう凍りつくことを知っていた。しかし、彼らはまた、望んだように、その安全な最初のかごに戻された時も凍りついたことを見つけた。その過程は、つまり、かごの記憶を衝撃の記憶で重ねることによって、そのかごが危険だという間違った記憶を作りだしたのだ。

その実験はそこでは止まらなかった。その新しい間違った記憶がどれほど強力か示すために、再び、スイッチを動かし神経細胞を活性化するために、その脳に光を当てた。それに反応して、そのマウスはまるで彼らの足が衝撃を受けたかのように凍りついた。ひとたび間違った記憶が形成されれば、いつそしてどれほどそれを支持する神経細胞が活性化されるかを覚えるようだ。

ロフタス博士が間違った記憶を彼女のヴォランティアに植え付けたように、それからラミレス氏と劉博士はそれらをマウスに植え付けている。彼らは、その効果を成し遂げるために記憶細胞を直接刺激しなければならなかったので、いかにその記憶が自然に起こるかを示していない。自然の間違った記憶は、いくらかのこの過程のまだ発見されていない類似体を必要とするだろう。にもかかわらず、本当の光をそのマウスの脳に当てることによって、彼らは、なぜ実際には起こらなかったことをそれほど固く信じる人がいるのかというすべての盛んに論じられる問題へ、比喩的な光を当てている。
 

発行日: 
2013-07-27
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加