他人があなたの土地を奪おうとするとき - 土地取引の急増

貧しい国での農地獲得の証拠は積み上がっている

シエラレオネ中央部のMakeniの農民たちは契約にサインした。2,000人の仕事と米を育てる湿地であるbilisを汚さないという保証と交換で、彼らはヨーロッパのためのバイオ燃料を育てるための40,000ヘクタールの土地の50年リースの権利をスイス企業に与えた。3年後50の新しい仕事はあったが、bolisは灌漑で傷つけられ、そういった開発は、コーネル大学のエリザ・ダ・ヴィアによると、「地元共同体の社会的、環境的、経済的犠牲の下に」行われた。

この様な取引が2009年に最初に国際的な関心を集めたとき、今年発表された研究を引用すれば、彼らが「土地を強奪しているのか、発展の機会を与えているのか」ははっきりしなかった。支持者たちは、彼らは種や技術、資本を世界の最貧地域に持ち込んだのだと主張した。FAOの管理者のような批判者たちは、彼らを「新植民地主義者」と呼んだ。しかし誰も彼らの主張を裏付けるしっかりとした証拠を持っていなかった。今はそれがある。2年間かけて、その種の学会では一番大きなものであるサセックス大学の開発研究学会(IDS)の会議で100を越える土地取引が調査された。ほとんどの判断は有罪だと判断された。

土地強奪はとても一般的だった。NGOの国際土地連合による予備的な調査によると、その半分以上がアフリカであるが、殆ど8,000万ヘクタールが外国人投資家との何らかの交渉を受けたと計算できるという。この推計は、外国人投資家が5,700万ヘクタールに関心を示したと去年発表した世界銀行による以前のものよりはるかに高い。それは、2009年の研究で1,500万から2,000万という数字を出した国際食料政策調査研究所(IFPRI)によるものより高い。土地取引が4倍に増えたと結論づけるためにそれらの数字に線を引くのは間違っているかもしれない。多くが秘密に包まれているために、何を数えるべきか知るのは難しく、数字は異なった期間のものである。

しかし、この現象を見る度に、その結果は以前の推計の2倍になっている。全体の範囲が巨大だということも明らかだ。8,000万ヘクタールというのは、英国、フランス、ドイツ、そしてイタリアの全農地を合わせたものよりも広い。そして土地取引は続いており、もしかしたら速度をあげているかもしれない。今年、その国が正式に独立するより前から、南スーダンの農地の10分の1以上が貸し出された。政策提言集団のGRAINは、サウジの事業体がセネガルの米の栽培地の70%を管理することができるようにするという提案を見たという。

不確かなのは土地取引の大きさだけではない。彼らの契約内容もしばしば不透明だ。ほとんどの契約は公にはなっておらず、詳細は大雑把にしかわからない。環境と開発に関わる国際学会のロレンツォ・コトゥラによる調査によると、多くは「目的に合致していない」という。コトゥラ氏が言うには、伝統的な土地使用権がしばしば無視される一方で、両者の権利と義務は普通極端に曖昧だ。英国の会社がタンザニアで森林の権利を得たときに一人の農夫が聞いたことには、「なぜ他人が我々の土地を売っているのだ?」

契約がサインされた後ですら、その取引が内容に従って行われるかは保証されていない。世界銀行の調査によると、エチオピアのアムハラ地方では、46の計画の内、たった16が予定どおりに動いているだけで、残りは休耕になっているか小自作人に又貸しされているかだ。モザンビークでは計画のうち半分だけが予定通り進んでいる。

いくつかの結論が保証されたようだ。最初に土地取引が提案されたとき、彼らはホスト国に4つの主な利益を提案したといわれる。より多くの仕事、新しい技術、よい社会資本、そしてより多くの税収だ。それらの約束のうち、どれも満たされていない。

地元の人たちは、普通その中で仕事がもっとも重要だと考えている。しかし今までのところそれは不足している。それはほんの部分的には多くの計画がまだ動いていないからだ。モザンビークでは、世界銀行の見たところ、一つの計画は2,650の雇用を約束したが、たった35から40のフルタイムの職を作ったに過ぎない。テア・ヒルホーストによるベナン、ブルキナファソ、そしてニジェールでのより小さな計画の調査によると、「ほとんど何も」地元の雇用を生み出していない。たった一つの公になっている契約のコトゥラ氏による調査によると、それには創出されるべき新しい職の地位まで特定されていたという。そして職があるときには、外国人投資家は、しばしばその職を外部から来た人に当てる。世界銀行によれば、それは「混乱やイカサマの批難」をもたらすという。ある計画の管理者は仕事に関する議論の間に殺された。

技術移転に関わる証拠は入り混じっている。ヒルホースト女史は、食品加工者や配送者との緊密な関係が問題を改善するかもしれないことは認めても、農業の一層の職業意識を刺激するようなものはなにもないという。世界銀行の調査によると、ウクライナとメキシコでの技術進歩は、地方からの転出を減らしたという(これは驚くべきことかもしれない:新しい労働節約的な技術は職をなくした農夫に土地を去らせると考えるかもしれないからだ)。コトゥラ氏の土地取引契約に関する調査によると、外国人投資家が現地の農民と素材や考えを交換することを義務付けている例はほとんどないという。現時点で、土地を奪った外国人たちは、貧困に喘ぐ田舎から切り離した自分たちだけの島と作っているように見える。
 

与えることなしの奪取

いくつかの計画の運営者は新しい学校や病院、そして他の「社会的資本」をしっかりと作ってきた。マダガスカルは、おそらくすべての中で一番悪名だかい土地強奪に署名した驚くべき例だろう。ある韓国の企業はその国の耕地の半分に対して契約申し込みをした。その提案は抵抗運動に火をつけ、最後にはその契約を承認した政府を転覆させた。2年後、フランスの調査組織であるCIRADのペリーヌ・ブルノッドは、その島の土地取引の数は2/3にも及ぶことを見つけた。そして残りはより援助計画のように見られるようになり、投資家は学校や病院を作ることに関わっている。地方の市長たちは投資家たちががもはや資金の出せない中央政府によって助けられない計画に資金を出してくれるということで歓迎していた。

しかしこれは異常だ。ほとんどの土地取引は公的な財源にはほとんどもしくはまったく寄与しない。なぜならアフリカの土地市場はとても病んでおり、政府はとても弱いので、賃料は些細な額なのだ。エチオピアでは1ヘクタール1年につき2ドル、リベリアでは5ドルだ。税と賃料がタダのことも普通だ。実に、外国人投資家にとって地元の小自作人よりも少ない税金しか課されないことは珍しいことではないのだ。そして土地を使用す津ための前金として地元農家に支払われた保証金はバカみたいに小額だ。しばしばたった数ヶ月分の収入で100年の貸与に合意した。

「この様な投資に関わるリスクは巨大だ。」と世界銀行は結論づけた。「多くの場合、公的機関は需要の増加に対処できなかった。土地取得はしばしば地元の人たち、特に弱い人たちから権利を奪い取った。相談がもしかりそめにもなされていたのならば、それは上辺だけのことだった。環境、そして社会的な保護手段は広く無視された。」

ではなぜ土地取引は一般的なのだろう?これは驚くほど簡単に答えられる。強い需要と売りたい供給者たちだ。大きな投資家は自国民を養うことを大きく心配している資本輸出国であることが多い。彼らの世界市場での自信は、過去4年間で2度の食料価格の高騰で揺らいだ。だから彼らは外国で農地を買うことによって食料供給の保証を求めている。中国は圧倒的に大きな投資家で、他の2倍も買ったり借りたりしている。

地元のエリートも土地取引の拡大に大きな役割を担っている。チューリッヒ大学のマルティナ・ロッハーによって描かれたタンザニアでの計画の中では、「慣習法に従う地元の人たちはとても低いレヴェルの知識しかなく、彼らの土地の権利を守ることができない。」という。それに対して、「国の法は地元の人たちから高い尊敬を受けている地区の公務員によって主に代表されている。」と彼女は書く。

そして不正がある。多くの西アフリカの、ヒルホースト女史の言うところの「土地強奪者」は、地元の政治家や公務員、そして都市部のエリートで、彼らはバイクを贈って地方の首長を買収する。マディソンのウィスコンシン大学のマデレーン・フェアバーンは、モザンビークでは利権の非公式な部門が現れていると論ずる。地元の実力者はその影響力を「口利き料」を得るために使い、国の指導者は自分やその支持者の利益のために法をごまかし、計画を推進したり邪魔したりする。

多くの開発計画はこの様に動いている。土地強奪を独特なものにしているのは、高い地位での不正と低い地位での利益が結びついていることだ。IFPRIの研究の著者の一人であるルース・メインゼン・ディックによると、2009年の費用と利益のバランスは本当に不透明だという。彼女は、今証拠の負担は動き、土地取引の提案者がどのように動いたか示すことになっている。今までのところ、証拠となるのは貴重なほんの数例だ。
 

発行日: 
2011-05-07
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加