自然の遺産 - 野生動物管理

スコットランド高地帯の鹿をめぐる新たないさかい

ポール・リスターは普通ではないスコットランドの地主だ。彼の衣装棚にはタータンはなく、そして彼はウイスキーを飲まない。彼は狩りも射撃も魚釣りもしない。代わりに彼はその時間を自然保護について考えることに使っている。リスター氏は一人ではない。新たな地主の系統が、スコットランドをかなり買い占めているのだ。彼らの鹿についての見方は、伝統的なスポーツ用の地所との問題を惹き起こしている。

彼らの土地は、スコットランドの標準によってでさえも、広大だ。家具事業家の跡取りであるリスター氏は、9,300ヘクタールのアラデール城を管理する。デンマークのファッションの大物アンダース・ホルフ・ポールセンは、東部高地帯に6万ヘクタールを所有し、英国で2番目に大きな民間地主になっている。

両者ともに、スコットランドの環境の素晴らしかった過去を恋しく思っている。17世紀には、その高地帯には、松、ブナ、そしてセイヨウナナカマドの森があった。しかし、それから、その木々は、ヒツジやライチョウの狩り場として利用するために切り倒された。草を食べる鹿は地面を裸にし続ける。最近、若木は成木に育つ前に食い荒らされる。

スコットランドの鹿の数は、二つの論点で繰り返される問題だ。一つ目は、多すぎるということだ。高地帯だけで30万頭を超えるのだ。二つ目は、所有権がよく言ってもあいまいとしていることだ。誰も鹿を所有しておらず、彼らは望むところをうろつきまわることができる。だから、その数は、土地所有者、農民、そして商業林の合意のもとに、鹿管理グループによって管理される。

それは厄介な仕事だ。鹿はリスター氏やポールセン氏にとっては迷惑だ。しかし、他の人々にとってそれらは重要な所得源だ。スコットランドの土地は経営するのにカネがかかる。収入は、国境の南からやってくる豊かな観光客に対して高い値段で動物を追いかける週末を売ることによって、増加しうる。去年、慈善団体のスコットランドナショナルトラストは、女王の地所を含んだ隣人や事業たちの抵抗の後で、所有するマー・ロッジ地所で何千頭もの鹿を殺すことを諦めた。

それは問題を残す。スポーツ用の地所は平方キロメートル当たり12頭くらいの鹿を見たいと思っており、環境保護主義者は4頭程度を望んでいるのだ。しかし、彼らの自由な動きは、個々の地所で正確に数を管理できないことを意味する。鹿がある地域から取り除かれれば、水のように新たなものたちが残された空間に流れ込む。その結果は、環境保護主義者にとっては多すぎ、スポーツには少なすぎるのだ。

フェンスをすることが解決を提供するが、それは鹿を混乱させ彼らを低地帯から離れさせるかもしれず、冬に彼らの生活を難しくする。スコティッシュ・ゲームキーパー協会の報道官は、これが殺すことを好む人たちによる死刑執行だと語る。フェンスをすることが良い短期的な妥協になりうるというものもいる。ひとたび森林が確立すれば、鹿は戻ってくることができるからだ。

リスター氏はすべてのこれらの選択肢は完璧ではないと語る。18世紀の初めに、天然の捕食動物が高地帯をうろついていた。オオカミとオオヤマネコが鹿を追い続け、彼らがあまりに長く一か所で草を食べることを妨げた。彼は、オオカミが自由に狩りをできる柵に囲まれた保護区を計画している。これは彼の土地を再び生命で一杯にするだろう。木々は齧歯類や小鳥のために食物を提供し、オオカミはワシやカラスのために死肉を残すだろう。隣人たちを合意させるのは難しいだろうが、リスター氏はより自然豊かなスコットランドは鹿を間引くことによって失ったのと同じくらい観光客をひきつけうると予測する。
 

発行日: 
2013-09-14
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加