間違った年代物 - 南アフリカのワイン醸造

ブドウ園の労働者は変化を要求している

新世界で最も古い南アフリカのブドウ園では、ケープの初期オランダ人植民者の白塗りの家は、渓谷とブドウ園を見渡すことのできるこぎれいなテイスティング室に変わっている。多くの場所に立っているかつては畑での労働時間の初めと終わりを知らせた奴隷鐘は、今では骨を折った男女たちの記念碑と観光客の写真の背景になっている。

現在の労働者の中には、これらの奴隷の子孫もいる。多くが依然として貧しく、掘立小屋に住んでいる。ケープの農場労働者はその国で最も低賃金の部類に入る。ほぼすべての農場所有者が白人で、労働者は有色人種だ。ローリーが1日の仕事を終えて家に送り届けられる低賃金労働者を満載して大通りを地響きを立てて下るとき、観光客はフランシュホックの町の古風なワイン農場の中で晩酌をちびりちびり飲むことができる。

この社会的経済的な変化のなさが、南アフリカのもっとも手におえない問題の一つであり、増加する不満のもとだ。去年、それはヨハネスブルグの近くの鉱業地帯で爆発した。より最近には、暴力的なデモは西ケープ州のブドウと果実生産地域でほとんど毎日起こっており、警察がその国の主要な南北幹線を封鎖して石を投げるデモ参加者に対してゴム弾を発砲している。

デモ参加者の中には失業者もいるけれども、犯罪者がその無法状態を利用しており、そのほとんどは単に彼らの貧弱な状態を改善したいと思っているだけだ。直近のデモはデ・ドーンズの町の周りのブドウ栽培地域を中心に起きている。労働者は、農場労働者の法定最低賃金の1日69ランドの倍以上の日当150ランド(約16ドル)を要求している。彼らはまた、より良い生活条件も欲している。彼らの住まいを、トイレも、水道も、電気もないネズミのたかる地獄のようなところだと表現するものもいる。国際的な運動団体のヒューマン・ライツ・ウォッチによる2011年の報告の中で、労働者が有毒な殺虫剤にさらされていると書かれている。

与党アフリカ民族会議と連携する労働者連盟の南アフリカ労働組合会議(Cosatu)は、「奴隷的な労働条件」を引用して南アフリカのワインと果物の世界的なボイコットを呼びかけると脅している。しかし、農場主たちは彼らが金を失っており、更に支払う余裕はないという。ボイコットはその国の農業の大部分を荒廃させ、いくつかの統計では労働者のほぼ40%がすでに失業中であると言われるときに職の喪失の原因となるだろう。農場主たちがますます機械化するにつれてさらに多くの職が失われそうだ。

ワイナリーの中には、倫理的貿易照明を得ることによって、いかにして違ったやり方をするかを示しているものもいる。フランシュホックのそばのソルムス=デルタ農場は、多くが奴隷の子孫である労働者とその家族との信託で経営し、今では彼らが1/3を所有している。彼らは野外作業だけではなく事業のほかの段階で働くよう訓練されている。その農場のレストランは、(かつてホッテントットと呼ばれた)その渓谷に何千年も前に住んでいたコイの人々によって使われる食材と同様に、マレー人奴隷のスパイシーな食事に影響を受けた地元の「ケープ料理」を提供する。
 

発行日: 
2013-01-26
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加