新しい商人はスーパーマーケットで戦っている - ワイン小売

インストアイヴェントのおかげで、独立系が栄えている

8月23日に、ワイン商のパトリック・サンデマンは、スーパーマーケットチェーンのテスコのワイン、ビール、スピリッツの責任者とツイッターでやり取りをしていた。「なぜワインを割引ではなく定価で売れないのか?」彼は尋ねた。ワインがいつもむけられそうになっている価格へのスーパーマーケットの割引は、ワイン本格派をいら立たせる。であるがゆえに、今年の初めに、利用者に疑問のある取引をするのを警告するために「#ワイン詐欺」のハッシュタグが使われた。

彼の議論の中でそのハッシュタグを使っていたサンデマン氏は、ただそのような本格派だった。彼は9月にスカイダイヴィングの事故で亡くなったが、スーパーマーケットへの厳しい行動へのひな型となる代替案の形となる、独立系大通りワイン商として、価値のある遺産を残した。

リー&サンデマンが一級の例だ。その4つの東ロンドンの店は、野暮ではないが、質の高いワインを誠実でかなりお手頃価格で取り扱っている。

10年前、そのような出先は最高級の専門家だとみなされていたものだが、ファースト・クエンチやオッドビンの滅亡とともに、アンウィンズのようなものの消滅は、市場でのギャップを残している。

かつての本通りのチェーン店は、価格でスーパーマーケットと競うことはできなかった。お菓子やたばこと一緒に、宣伝しているワインの混ざった袋を店に詰め込むことは、つまり、混乱だ。

それらの場所では、その強みがスーパーマーケットの弱みである革新的な商人の富が生じている。個性、焦点を当てたサーヴィス、絶え間なく変わる在庫、柔軟性、焦点を当てた宣伝(しばしば秘密の地域とやり方だ)、そしておそらくもっとも重要なことは、インストアイヴェントだ。

その結果は、顧客がハイエンドの店で感じるような疎外感を感じることがなく、またしばしばスーパーマーケットの買い物を利用するときに感じたようななれなれしさも感じないことだ。

この商人たちの新しい種類の起源は、2006年のロンドンでのある店の開店にさかのぼることができる。サンプラーは、買い物客が買い物の前にワインの味見ができるようにするテイスティングマシーンを導入したのだ。

特に店がハイエンドのワインをその機械に入れ、そうでなければ手が出ないほどに高いだろうワインを顧客が試すようにできるようにした時、しばしばそれは味見以上のものだった。それはまた、失望するのを恐れて避けていたかもしれない変わった品種を試すことを顧客に許しもした。

そのような発見の旅は、さらにワインを民主化している。ほかの店が、単にテイスティングマシーンだけではなく、イヴェント、プロモーション、そしてワインバーとワイン販売店の間の中間点で後に続いている。

夕方のマスタークラス、地元レストランとのフードマッチングディナー、そして(小売価格に6ポンドの固定費での)グラスやボトルでのワイン提供を開催し、熱いテラスで楽しんでいるマンチェスターのハンギングディッチを見るとよい。

ロンドンでは、ヴィ二・イタリア―二の関与手法の考えが、新しい商品を選ぶためのそのワイン選択委員会に顧客が座るよう招いている。500以上のイタリアワインだけを売って、その店は2台の味見機を置き、スタッフとともに個人的テイスティングをしたり、単に肉製品やチーズと一緒にボトルを楽しむための場所を提供する。2009年に北ロンドンに開店したボトル・アポストルは、初心者クラス、テイスティングイヴェント、そして完全ワインディナーを提供する二つの店を今持っている。「何の意図も持たない知識」とそれは言う。

そのお題目は、おそらく、銀行や投資家によってつれなくされたジュリア・スタッフォードによって去年はじめられたワイン・パントリーによってもっともよく例示される、現代のワイン商人に独特なものだ。

ロンドンのボローマーケットのたった1件の掘っ立て小屋のそれは、(銀行が無口であることを説明する)英国ワインだけを売っており、塩漬け肉とチーズを出し、イヴェントとテイスティングを準備する。

けれども、高級小売業者が現代の商人のハンドブックを見習う余地が依然としてある。ロンドンのロバートソン・ワインは、高級ボルドーのテイスティング(1961年の50年物の夕べが去年のハイライトだった)を催し、すべてのワインを取引価格で100ポンド以上で提供する。

そしてメイフェアには、ここ数年で最もきらびやかな開店だったヘドニズム・ワインがあり、世界で最も尊敬されたワインの珍しい年代物のいくつかをたくさん持っている。いくつかの商品の独占性にもかかわらず(1981年のロイヤルウエディングで注がれた1961年のドン・ペリニョンに6,500ポンド)、30ポンド以下のものもたくさんある。

子供の遊び場、ターンテーブルとそこにかけるレコード、ゆったりしサンプルを口にするためのテーブルもある。それはテスコでは見ることができない。
 

発行日: 
2012-11-09
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加