ハイ、もっと多くのソリンドラ - 新エネルギー

Powered by Drupal

配信

配信 を購読

その太陽光会社は失敗したが、それに投資するという決定は、正しいものだった

合衆国では、ソリンドラ「スキャンダル」は、共和党の環境政府投資に対する議論の中心だが、それは今も過去もスキャンダルではなかった。その悪名高い太陽光パネルメーカーも一部であった連邦のクリーンエネルギー融資計画は、危険の高いヴェンチャーに資金を出すために設計され、ソリンドラはほどほどのリスクだった。巨大な民間支援と産業を変える機会を持った革新的な製造業者だ。しかし、その産業は、それ自身が最初に変わった。シリコン価格は上がり、ソリンドラの利点は消え、その会社は破産した。よくあることだ。ブッシュ、オバマ両政権は、その計画の最初の融資への143の申請者からソリンドラを選び、調査人はそれが起こるようにした政治的介入の証拠は何も見つけられなかった。そう、ホワイトハウスの高官は、その5,35億ドルの破産について聞いた時、電子メールに「うえっ!」と書いたのだ。彼女は何と書くべきだったのか?

しかしどれだけ頻繁に独立の事実チェッカーが依怙贔屓資本主義の告発をすっぱ抜いても、ワシントンの共和党は、その融資計画をつぶすことを誓ったノーモアソリンドラ法を押すことを思いとどまらないだろう。ロムニー氏は、オバマ氏の全部の環境推進策をドナーへの払い戻しだと攻撃して、基本的にノーモアソリンドラ運動を運営している。政府支援は成功を保証するようには考えられていない。小事業管理融資で補助金を受けた企業と企業家は、常に失敗する。あるホワイトハウスの高官が私に思い出させたように、ぺル・グラントを受けた学生の中には、最後には町で飲むものもいる。だが、ソリンドラは、大きな政府のいかがわしさの省略形になっている。

ソリンドラと環境産業政策についての正当な議論があるが、それはアメリカ人が持っている想像上の不正についての議論ではない。例えば、経済学者は公共投資が民間投資を締め出しうるということを知っている。ロムニーはかつて、ソリンドラのような企業へのオバマの刺激策としての施し物は太陽光エネルギーを「殺している」と主張して、この申し立てをしようとした。しかし、彼は間違った。太陽光発電は、2009年以来600%以上増加している。そのいくらかはソリンドラを運命づけた低価格のためだ。設置者のソーラー・シティは今、株式公開を準備している。刺激策の中のクリーンエネルギーへの900万ドルは、マッチングファンドとして脇から追加の1,000億ドルを誘って、民間投資を押し込んだ。

より強い議論は、政府の製造業支援に対してなされうる。オバマの経済学者さえも、合衆国で非効率的な工場に融資することは無駄だろうと警告した。そして、2010年にその太陽光製造業に300億ドルをつぎ込んだ中国のような国と競争するのはきつい。実際、合衆国融資計画は、ほとんど再生可能発電をする比較的安全な計画を支援した。それは、なぜ独立の批評家が、その準備金が簡単にソリンドラ型の損失をカヴァーするだろうと結論付けている理由だ。その刺激策は、電気自動車のための最新の電池産業と環境関連製品を作る多数の工場を作り出した。

だが、共和党は製造業への補助金に対して論じていない。実際、彼らは刺激策が製造業の職を海外に積み出したと論じている。それは馬鹿げたことだ。それは合衆国の風力発電機の国内部分を20%から60%に増やした。政治は別にして、それはよいことだ。合衆国の外国の石油への依存を、外国の発電機、太陽光パネル、そしてリチウムイオン電気というすべて合衆国で発明された製品への依存に交換するのは残念なことだろう。多くの科学者と技術者は、ハイテク製造業が海外に流れるにつれて、革新の文化がそれに続くと信じている。そして、風力発電機を海外に輸出するのは高い。もしアメリカ人がクリーンエネルギーを望むのならば、彼らは国内の供給網を必要とする。

これが本当の議論だ。合衆国は本当にクリーンエネルギーを必要としているのか?政府は、農業から郵便までたくさんのことを補助しており、航空宇宙から情報技術まで多くの産業を立ち上げている。共和党はオバマが「勝者と敗者を選んでいる」と非難するが、彼が取り上げたのは、化石燃料を減らすという、合衆国の排出と価格ショックへの脆弱性を減らす、ゲームそれ自体だ。この刺激策は、前例のない資金を、風力、太陽光、そして地熱発電、電気自動車、バイオ燃料、そしてほかのクリーン運輸活動へ注いだ。それはたくさんの技術的、事業的戦略を補助し、だから市場は勝者と敗者を取り上げることができた。

ソリンドラは敗者の一つだが、その勝者は世界を変えたかもしれない。ノーモアソリンドラは、化石燃料の現状維持を守るただの別の道だ。うえっ。
 

発行日: 
2012-09-17
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
0
まだ投票はありません

コメントを追加