アフリカでの珍しい食肉の成功 - ザンビーフ

ある急成長する食品会社が、その本国を越えて顧客を探している

ザンビアの首都ルサカの贅沢な場所にあるショッピングセンターのマンダヒルの上得意は、とても締まって大ぶりなその牛肉と鶏肉が好きだ。そのモールにある、南アフリカのスーパーマーケットチェーンショップライトの支店で売られている肉は、12切れにまで切られてトレイでやってくる。肉は週に3回届けられる。切断、整え、味付け、そして包装は、展示キャビネットの後ろにあるガラス張りの部屋で、厳しい基準に沿って行われる。見ることのできる肉屋たちは、車でそこに買い物に来る富裕なルサカ人にとって、新鮮さの象徴のようなものだ。その店は全ショップライト帝国の中で最も繁盛していると言われる。

その肉屋は、ルサカにある急成長する食品会社のザンビーフによって経営されている。それは、ガーナとナイジェリアでのショップライトの新しい店と同様に、ザンビア中の20全てのそのチェーンの店で食肉カウンターを運営する。ザンビーフの卵、牛乳、そしてヨーグルト飲料は、ショップライトやほかの地元のスーパーマーケットで在庫されている。ザンビーフは自社店舗を100件ほど持っており、それを南アフリカ以外のその大陸で最大のチェーンの一つにしている。それは、故に、マンダヒルの豊かな買い物客と大多数の何とか生きている人たちとの間の、消費者の急に出現している階級に仕えるために、良い位置につけている。

アフリカ開発銀行の計算では3.25億人以上に膨れているその大陸の中産階級に仕える大きな土着企業は、南アフリカ以外にはほとんどない。しかし、その数が増え続けるのにつれて、肉やほかの贅沢食品への需要は確かに増えている。アフリカはほかの世界に追いつく大きな余地があるからだ。ナイジェリアにはダンゴーテ製粉とUAC食品がある。しかし、その国の大消費財企業のほとんどは先進国の分家だ。

ザンビーフはまた、それが低所得者グループにも到達しているという点で普通ではない。マンダヒルから車ですぐのムテンデレのその店は、牛の肝臓や鳥の足と同様に、より脂肪の多い肉を小分けにして売っている。その店のタイル張りの床と髪をネットで覆った従業員は、ムテンデレのみすぼらしい街路市場で目立つ。それは、週に3万ドルと言うかなりの売上を上げる。

その事業の中心は、ルサカの50キロ北にあるチサンバのハントレー農場にある。その社長フランシス・グローガンは、一世代にわたってザンビアを支配したケネス・カウンダがザンビアの最初の多党制選挙によって追い出された1991年に、苦しむ食肉工場を経営するためにアイルランドからやってきた。国有企業は現金を漏らしていたが、その経済はそのどん底に近かった。グローガン氏は間もなく、家族の農場を経営するためにロンドンから故郷のザンビアに戻ってきたカール・アーウィンと一緒になった。その二人組はそれを方向転換し、1994年に60人の従業員を持つザンビーフを設立した。それは今5,000人を雇用する。

小売への初期の拡大は賢い動きだと判明した。買い物客は牛肉に現金を支払うが、牛は信用で買うことができた。1995年に、ショップライトはザンビアの国家から8つの店を買収し、ザンビーフに食肉カウンターを経営するよう頼んだ。それは、始めたばかりの会社には、大きな変わり目だった。「我々はショップライトとうまく行ったんだ。」グローガン氏は語る。成長し続けるために、ザンビーフは生産チェーンに戻っている。それは、1996年に、ルサカとカッパーベルトのほぼ真ん中にあるその屠殺場のために、ハントレー農場を買収した。それは、以来、餌の穀物の供給するために、近くの農場を買っている。牛は、屠殺される60-90日前にここで太らされる。

牛の不足は、長く続く問題であり、それがその会社が鶏の生産を始めた理由のいくらかだ。グローガン氏は、供給を満たすためにタンザニアやナミビアにトラックを送る。その品質は変わる。ハントレー農場でしっかりと餌を与えられた牛からの肉は、ショップライトやルサカ中で林立する派手なホテルにステーキを供給する。低品質のものは、ザンビーフの自社店舗に行く。「我々の小売網は、すべての動物への市場を与える。」グローガン氏は語る。頭、蹄、そして臓器は売られる。くず肉もまた、それをほとんど好まないより豊かな国から輸入される。

ザンビーフはルサカとロンドンに上場しており、その能力を押し上げるために、近年調達資本を倍にしている。4.5万ヘクタールの大豆畑と粉砕工場の購入は、より多くの鶏を生産するのに必要な餌の供給を確保する。ザンビーフの大豆を基にした鶏のエサのノヴァテックブランドは、それを始めてたった3年でザンビアの市場リーダーになっている。その売り上げは、去年2.55億ドルだったザンビーフの売上の15%だった。ザンビーフは今、ザマニタブランドの下で大豆の調理油を売っている。それは間もなく牛肉よりも多くの収入を生み出すだろう。

その会社の農場から食卓までのモデルは、会社は中核事業にこだわり、他の仕事を専門家に配分すべきだという投資アナリストの教義に反している。しかし、ザンビアの経済はそれほど発展していないので、ザンビーフの蓄えを十分に満たし続けるのに必要なものすべてを供給することに頼りうる会社がある。その会社は自前の78台の冷蔵トラック団を持っている。「ザンビアには保冷兵站網がない。」グローガン氏は語る。「我々は自分たちでそれを開発しなければならなかった。」

それは、ザンビーフが他社とともに働くことを避けているということではない。それは最近、南アフリカの生産者、レインボウ・チキンとの合弁会社を形成した。それはすでに動物のエサをジンバブエに輸出しており、他の市場を見ている。ナイジェリアでのその操業は、依然として小さい。それは、4つの独自店舗と同様に、5つのショップライトカウンターを持っている。しかし、ショップライトは20-30店舗を計画している。ザンビーフへの否定的側面は、その管理者への要求だ。「我々は優秀な人材を3-4人ナイジェリアに送らなければならない。」グローガン氏は語る。しかし、1.67億人の市場の潜在力は大きい。「我々はそれを無視できない。」彼は語る。
 

発行日: 
2013-06-08
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加